【寺町エリア】民話「飴屋の幽霊」

飴屋の幽霊アイキャッチ画像

音声ガイド ※お持ちのイヤホンをご利用ください。

音声ガイド本文

むかし、長崎の麹屋町に飴屋がありました。ある夏の夜、白い着物の青ざめた女が店先に立っていました。「何のご用ですか」と声をかけたら、「飴を一文ほどください。」と言うので、飴を渡してやると、にっこり笑って去っていきました。女はそれから毎晩、一文分の飴を買って帰りました。飴屋は、その不思議な女を見るたび、背筋がゾッとしました。7日目の夜には、「今日はお金がありませんので、飴を恵んでくれませんか。」と言われたので、飴を渡してやると女は嬉しそうに去っていきました。飴屋は女の正体を見届けようと、後を追いました。女は寺町の石畳を抜けて、伊良林の光源寺に入ると、墓の前でスッと消え入りました。途端に、赤ん坊の声が「オギャァ」と響き渡りましたので、「うわぁ」と飴屋は腰を抜かして逃げ帰りました。さて、翌朝、光源寺の和尚に事情を話して、女の消えた墓の前まで行きました。その墓には、次のようないわれがありました。その頃、長崎には若い彫刻師 藤原 清永という者がいました。修行のため京都へ赴きましたが、彫刻の腕を磨いているうちに宿の娘と恋仲となりました。しかし、あるとき清永が帰郷すると、親族の決めた嫁を迎える用意が整っていたのです。そんな事とは露知らず、京都の娘は、清永を頼って、遠路はるばる長崎まで来ましたが、この始末です。長旅の疲れもあってか、女は病に伏せると、あっという間に死んでしまいました。清永は大層悲しみ、光源寺で葬式を済ませて、この墓に埋葬したばかりでした。さて、墓を掘り起こすと、なんと生まれたばかりの男の赤ん坊が出てきました。よく見れば、赤ん坊は飴を一生懸命しゃぶっていました。「女は幽霊になっても我が子を心配し、棺の中の六文銭で買った飴で赤ん坊を育てていたのだなあ。」と二人はいたく感心し、じきにやってきた清永が赤ん坊を育てることとなりました。ある夜、飴屋の枕元に女の幽霊が立ちました。「お陰様で、我が子も助かりました。恩返しをしたいのですが、なにかお困りごとはないでしょうか。」と言うので、「この辺りは、毎年夏に水に困っています。」と言いました。女は静かに頷き、「まちに女櫛が落ちていたら、そこを掘ってみてください。」と言って、消えました。翌日、まちを歩いていると、朱色の美しい女櫛が落ちていたので掘ってみると、冷たく澄んだ水が湧き出しました。これが、麹屋町に残る幽霊井戸と言われています。光源寺には、この民話にまつわる寺宝「産女の幽霊像」が奉納されており、年に一度、夏にご開帳されます。

参考 / 吉松祐一『[新版]日本の民話48 長崎の民話』未來社

★旅×絵本「ながさき絵本の旅」特別ツアーの対象スポットです。

>>【中島川・寺町・丸山エリア】絵本の旅「飴屋の幽霊 / 横向き地蔵」をめぐる の特設ページはこちら

関連記事

  1. 唐人幽霊堂アイキャッチ画像

    【館内エリア】民話「唐人幽霊堂」

  2. 興福寺アイキャッチ画像

    【寺町エリア】興福寺

  3. 西山神社アイキャッチ画像

    【新大工エリア】西山神社

  4. 旧リンガー住宅アイキャッチ画像

    【山手エリア|グラバー園】旧リンガー住宅

  5. 光源寺アイキャッチ画像

    【寺町エリア】光源寺

  6. 雪のサンタ・マルヤアイキャッチ画像

    【山手エリア】民話「雪のサンタ・マルヤ」

  7. 永見徳太郎通りの看板

    【銅座エリア】永見徳太郎通り

  8. 旧グラバー住宅アイキャッチ画像

    【山手エリア|グラバー園】旧グラバー住宅

  9. 旧香港上海銀行長崎支店アイキャッチ画像

    【山手エリア】旧香港上海銀行長崎支店記念館