【新大工エリア】松森天満宮

松森天満宮アイキャッチ画像

音声ガイド ※お持ちのイヤホンをご利用ください。

音声ガイド本文

1625年創建、長崎三社の一つで、学問の神様 菅原道真公を祀る松森天満宮。本殿外囲いの欄間には、江戸時代の鍛冶職人、菓子職人、船大工などの30種の職人の仕事を精緻に表す長崎県指定文化財「職人尽」が浮彫りされています。この職人尽は、精緻な彫刻もさることながら、出島御用絵師 川原慶賀の師匠である石崎融思に彩色された歴史もある文化価値の高い美術品です。また境内には樹齢千年以上と言われるクスノキ、天満宮ならではの紅梅・白梅、鶏の放し飼いも見られるなど、神社参拝、美術鑑賞とともに自然に親しめる神域となっています。

松森天満宮
住所|長崎県長崎市上西山4-3
アクセス|諏訪神社電停から徒歩5分

地図はこちら

関連記事

  1. 興福寺アイキャッチ画像

    【寺町エリア】興福寺

  2. 島原城のアイキャッチ

    【島原半島|島原エリア】島原城

  3. 中島川石橋群アイキャッチ画像

    【中島川エリア】中島川石橋群

  4. シーボルト記念館のアイキャッチ画像

    【新大工エリア】シーボルト記念館

  5. 新地中華街アイキャッチ画像

    【新地エリア】新地中華街(新地蔵所跡)

  6. 唐人幽霊堂アイキャッチ画像

    【館内エリア】民話「唐人幽霊堂」

  7. 原城跡のアイキャッチ

    【島原半島|南島原エリア】原城跡

  8. 梅園身代り天満宮アイキャッチ画像

    【丸山エリア】梅園身代り天満宮

  9. 永見徳太郎邸アイキャッチ画像

    【銅座エリア】長崎キリシタン小説|芥川龍之介『奉教人の死』