【新大工エリア】松嶋稲荷神社

松嶋稲荷神社アイキャッチ画像

音声ガイド ※お持ちのイヤホンをご利用ください。

音声ガイド本文

松嶋稲荷神社は、1646年に創建されました。御祭神は、神宮にも祀られている豊受比賣命で、食物神、商業神として信仰され、後に稲荷神と習合しています。境内に置かれる白狐(狐像)は、穀物を荒らすネズミを捕食すること、毛の色や尾の形が稲穂に似ていることから、五穀豊穣の神の使いとされています。参道に連なる朱い鳥居は、稲荷神の生命・大地・生産の御霊の力を表していると言われています。また神社の近くには、江戸時代に砂糖などの交易品を運んだ長崎街道シュガーロードの始点があり、長崎出島から運ばれた砂糖は日本中で新しい食文化の華を咲かせました。

松嶋稲荷神社
住所|長崎県長崎市本河内1丁目10−1
アクセス|蛍茶屋電停から徒歩8分

地図はこちら

関連記事

  1. 興福寺アイキャッチ画像

    【寺町エリア】興福寺

  2. プッチーニ像アイキャッチ画像

    【山手エリア|グラバー園】プッチーニ像

  3. 新地中華街アイキャッチ画像

    【新地エリア】新地中華街(新地蔵所跡)

  4. 松森天満宮アイキャッチ画像

    【新大工エリア】松森天満宮

  5. 時鐘楼のアイキャッチ

    【島原半島|島原エリア】時鐘楼

  6. 大浦天主堂アイキャッチ画像

    【山手エリア】大浦天主堂

  7. 武家屋敷のアイキャッチ

    【島原半島|島原エリア】武家屋敷

  8. 土神堂アイキャッチ画像

    【館内エリア|唐人屋敷】土神堂

  9. 永見徳太郎邸アイキャッチ画像

    【銅座エリア】長崎キリシタン小説|芥川龍之介『奉教人の死』